2009年05月13日

1/144HGガンダム00 トランザムライザー グロスインジェクションバージョン

というわけでトランザムライザーの適当レビューです
ガンプラオンリーのエントリは初めてだったり
090513_1.jpg 090513_2.jpg
ダブルオーライザーのトランザム状態をグロスインジェクション成型で再現
そのせいか通常のプラより硬いのでニッパーの刃こぼれやデザインナイフの切れ味には注意しましょう
普段はHGなら1体作る間はデザインナイフの刃持つんですけどね…もう最後のほうは切れ味がレッドゲージ(何
製作は素組み+部分塗装仕上げ
合わせ目処理やトップコート処理は成型色的に難しいのでやってません
というわけで各部塗装色説明(Mrホビーカラーとガイアカラー使用)
各配合率は目分量なのであまり当てにせず調色してください(ぉ
関節等グレー:メタルブラック(70%)+シルバー(30%)
アンテナ部イエロー:スターブライトゴールド(100%)の上からクリアレッド(50%)+クリアイエロー(50%)
額等クリアレッド部:クリアレッド(70%)+クリアー(30%)をうすめたもの
カメラアイ部ブルー:クールホワイト(100%)+クリアブルー(少量)
GNソードIIセンサー部クリアブルー:クリアブルー(100%)を薄めたもの
オーライザー機首下部レッド:メタルブラック(50%)+シルバー(10%)+クリアレッド(40%)
オーライザースタビライザー部ホワイト:クールホワイト(95%)+蛍光ピンク(5%)の上からパールホワイト
GNドライブ部グリーン:クールホワイト(95%)+デイトナグリーン(5%)+クリアブルー(少量)の上からラメのり絵の具
墨入れ:エナメルのレッド(100%)で流し込み
090513_3.jpg
額は真ん中部分だけ塗装せず下に貼ったシールの00の文字が読めるように
目は白くして光っているような表現にしました
090513_4.jpg
GNドライブは粒子が出ているような表現にしようと思い、適当にぼかしながら塗装した上から100均で買ってきたラメのり絵の具のグリーンとシルバーを適当に塗ってみました
もうちょっと粒子細かければよかったんですが…(^^;
090513_5.jpg
付属はビーム兵器がゴッソリと
GNソードII、III用のライザーソードとビームサーベルの刃
090513_6.jpg
しかしまぁ量子化とかありえない設定だよね…
でもラストで大破してそれでこそガンダムだと思いましたがw
種死は…酷かったね…(ぉ
090513_7.jpg
メメント・モリ2号機にライザーソード当てた時はマジありえねぇとw
つかあのリングまで地球の半径ぐらいの距離あるよね?(^^;
半径6300kmはこの手の届く距離ですか(何
090513_8.jpg
このキット一番の目玉は初立体化のGNソードIII
でもトランザムカラーなんで通常ダブルオーライザーには使えない罠…またデザイナーズカラーとか出しやがるのかしら…
ランナーにはダブルオーライザー書いてあるけどエクシアR2あたりに付属しないかしら
090513_9.jpg
と、各部のGNコンデンサはシールを貼ってます
クリアパーツは薄めたクリアレッドを表面から塗って文字が読めるように真ん中あたりを綿棒で薄め液を使って拭き取ってます
裏面から塗ると角度つけて観たときにパーツの厚みのせいで意味無くなっちゃうからね…
ムラになってもあまり気にならないですよ?
090513_10.jpg 090513_11.jpg
まぁGNソードIIIは劇中イメージ的にトランザムライザーに良く合うのでいいんですけどね
090513_12.jpg
オーライザーの機首下部の赤はいい感じの色になったんだけどスタビ部分の白がやっぱダメね…透明感出ないし(´Д`;)
多少グレー加えてくすませたほうがよかったかもしれない
090513_13.jpg
というわけでトランザムライザーでした
勢いに任せて2日で組んだら腰痛めました…(ぇ
しかし元々が良キットなので塗装もラクチン気楽に組めましたw
GNドライブのラメ加工は100円でお手軽に出来るんでオススメ
エクシアR2とかにもやってみようかなぁ
しかし他のマイスターの追加装備版もトランザムモードで出したりしないだろうな…(´Д`;)
posted by みづな at 20:49| Comment(2) | TrackBack(1) | ホビーレビュー
この記事へのコメント
http://bandai-hobby.net/hobbyblog/2009/05/1100_521.html

残念ながらデザイナーズカラー版はプレスリリース済の模様、発売日も明記
Posted by at 2009年05月17日 12:49
きれいな作り方を教えて下さい
Posted by 刹那 at 2009年11月18日 15:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29117451

この記事へのトラックバック

NSXは夢のクルマとして数多くのプラモデルなどが販売 プラモデルの作り方、楽しみ方
Excerpt: 95年のル・マンでクラス優勝したNSXとか、(カッコイイですよね〜。) 2001年の十
Weblog: プラモデルの作り方、楽しみ方:NSXは夢のクルマとして数多くのプラモデルなどが販売
Tracked: 2009-06-17 20:53