2007年11月23日

アルトネリコ2について考察(クローシェ編ネタバレ)

気がついたらRTのレベルが99になっててラキともう10回戦っててあと秘蔵画像1枚貰うぐらいしかやることないのですが(ぇ
ニ巡目はまだ封印中…いやマジで冬コミの本落とすからやったら
(´Д`;)
あぁ、ドッコイ秋祭りのアンケートは答えましたよ
そしてジャクリの等身大バスタオルも注文しましたよ(ぇ
つーか戦闘難易度変更できるのをアンケートで知った…(ぉ

ルカのフィギュア?あぁとっくに予約済みw

ソニアさんはひそかに萌えキャラだと思う(ぇ
ほら、19歳なのに見た目15歳とかモロ俺好m(ry
しかし座右の銘が今の仕事やめたいというのはあまりにも切実だと思うんだ(´Д`;)

というわけで久しぶりに考察行ってみますよ

というわけでこの先激しくネタバレ注意
posted by みづな at 16:40| Comment(7) | TrackBack(0) | 考察

2007年10月04日

グレンラガンのサイズ

ちょっと気になったので考えてみた
公式設定あったらどうでもいい話です(ぉ

※グレンラガンの世界の地球がこの地球と同じと仮定

まず
ラガンのサイズがシモンと比べて大体150cmぐらい?
とすると、グレンラガンのサイズは約15m
次に、アークグレンが大体街1個分の人間を収容できるようなので
アークグレンラガンは大体20kmぐらいかな
その次に、超銀河大グレンが月の質量と同じようなので月と同じぐらいのサイズと仮定
月の赤道直径は3476km
とするとそれよりちょっと大きいぐらいとして、超銀河グレンラガンのサイズは3,800kmぐらい
最後に、ラストバトルで地球が手のひらサイズのようなので、
地球の赤道直径が12,741.9km
ということは天元突破グレンラガンのサイズは12万kmぐらい…

ってなんじゃそりゃwwww

まとめると
・ラガン 150cm
・グレンラガン 15m
・アークグレンラガン 20km
・超銀河グレンラガン 3,800km
・天元突破グレンラガン 120,000km

ちなみに、12万kmは土星の赤道直径です(笑

倒せるとしたらゴルディオンクラッシャーぐらいかしら?(^^;

でもこれ凄いいい加減な計算だから信じないように(ぉ
実際劇中で正確なサイズなんてあって無いようなもんだしなw
posted by みづな at 19:44| Comment(11) | TrackBack(0) | 考察

2007年05月04日

アルトネリコ2について妄想その4

今回は短めで

さて今日アルトネリコ2の公式サイトが更新されたわけですが
というか新しい壁紙早速DL(*´Д`)ハァハァ
色々情報が出てきましたが一番の見所はレプレキア!
最大100人のRTによる大合唱ってアホかwwww

しかしインストールの仕方がソル・シエールより進んでますな…入浴でできるなら痛みもそんな伴わなそうですし

さてココナのカラーイラストも公開されたことだしこれで描けるな(ぇ
…っていうか11歳かよ!

…む、新しい壁紙でわかったけどやっぱりルカの靴のデザイン間違ってたな…

しかしルカはかなり暗い過去背負ってますな…なんかコスモスフィアの深部行くほど暗くなっていきそうな予感
逆にクローシェはどんどんファンシーになりそうだがw

後気になるのはヒュムノスのボーカルが誰かか…ルカは片霧烈火さんあたりになりそうな予感(何
posted by みづな at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 考察

2007年04月30日

アルトネリコ2について妄想その3

さてさて、知らぬうちに月刊コミックブレイドでマンガ連載が始まったアルトネリコ2ですが
どうやら前回のコミカライズと違って今回は本編をやる模様

作画は1の時から引き続きあやめぐむさん
というわけで冒頭部分が見えてきたので妄想開始

冒頭にナレーションで話されていること
・700年前に地上は滅び、人々は新緑の大地を欲した
・その願いを叶える伝承詩、創造詩「メタファリカ」は神(管理人)によって冒涜とされLTに戒めの呪いをかけ、その罪が許されないまま400年が経過した

さて、700年前といえばグラスノインフェリアが起こったころ、
400年前といえばミュールが生まれたころです
そして管理人にルビで「神」となっています

俺の予想が結構当たってる予感(笑
時代は1のころと同時期、メタファリカは約400年前にミュールが紡いだもの、神とは塔の管理者(ティリアかフレリア)でほぼ確定な予感(^^;

さて話に戻ると
・LTの間にI.P.D.とよばれる病気が流行っている
・この世界の勢力は大きく分けてクローシェを御子とする大鐘堂と神をトップとする神聖政府
・登場人物は主人公クロア、クロアの妹分のココナ、「世界一尊い命」クローシェ、幼少時代のモノローグで登場ルカ、クロアの幼馴染と思われる神聖政府側の新頭首

とまあ最初から大盤振る舞いなんですが(^^;
つかココナ、ロリキャラで前衛キャラってのは反則だろう…もう常時PT参加決定(ぉ

というかですね、コミカライズ早すぎやしないか(^^;
まぁ、ガストだと大抵公式サイトできてから半年以内に出てますが…マナケミアも6月発売だし早くて8月か9月ぐらいに出そうかな?
posted by みづな at 01:45| Comment(5) | TrackBack(0) | 考察

2007年04月21日

アルトネリコ2について妄想その2

さてさてアルトネリコ2公式サイトが正式オープンしたわけですが、

今回気になったのはトウコウスフィアのほう
テクニカルサービスセンターでのシュレリア様の回答の中に気になる一文が…
シルヴァホルンの影響範囲とグラスメルクについての回答で

第三紀の人達が今まで外の世界へ飛び立てなかったのは、そういった理由からです。

とありまして…つまり「第三紀」と限定してるんですよ

確かにグラスメルクが確立したのは第三紀なんで第三紀の人にとってグラスメルク(シルヴァホルン)は便利ツールなわけですが…
でもわざわざ限定してるということは第二紀まではグラスメルク以外の技術で外の世界へ飛び立ってたという可能性も?

そうだとすれば、やはり2の鍵の「メタファリカ」はミュールが紡いだもので、ヒュムネクリスタルで伝承されたとかも考えられるわけで
古メタファルス律で紡いであればどの塔でも機能しそうですしね(笑

まぁ実際はヒュムノスエクストラクトはその塔でしか機能しないはずですが…確か

こんな感じでもう発売まで妄想が膨らむばかりです(爆


とりあえず今壁紙はアルトネリコ2です(何
posted by みづな at 01:19| Comment(7) | TrackBack(0) | 考察

2007年04月16日

アルトネリコ2について妄想その1

さてさて、今週金曜には公式サイトがオープンする予定のアルトネリコ2ですが、
今出てる情報だけでちょっと妄想してみましょうか
天覇新聞やファミ通の情報から読み取れることは
・舞台の名前はメタ・ファルス(?)
・主人公の出身地はパスタリアという名の都市
・メタファリカは大地創造の詩で、クローシェが紡ぐ
・クローシェの苗字にパスタリエ

そして設定資料集のヒュムノスの項で
・クラスタ律:
現在アルトネリコの周囲でこれを使える者はいないが、世界のどこかに、クラスタ律が主体のコロニーが今でも存在している可能性はある。

・新約パスタリエ(パスタリア成語):
オリジンがいつでも紡ぎだせる「アルファ律」を除いては、唯一第三紀に作られたといわれている律。詳細は現在のところ不明である。

・古メタファルス律(1紀神聖語):
第一紀に世界を席巻した、とある聖教が紡ぎだした律

とある。
つまり、舞台はおそらく第一紀にはソル・クラスタと呼ばれていた地域
アルトネリコとはまた別の塔
もしかしたらクローシェの説明文内で”神”と呼ばれている存在がティリアかフレリアかもしれない
ミュールもかつて紡いだ「メタファリカ」が鍵
新約パスタリエが生み出されるまでを描いた話かもしれない

まぁ現在わかってる範囲だとこれぐらいが限界か(^^;

余談
グラフィックは大分イリスのアトリエ系に変更されましたな
まぁあっちのほうが可愛いからいいけど(ぇ
戦闘グラフィックもグランファンタズムから正当進化した感じがして良い
あとはローディング問題ですが…グラファンが大分解消されてたんで期待してもいいですか?
あとどうやらレーヴァテイルが同時に二人戦闘参加できるみたいね
そしてクローシェはツンデレ(笑
posted by みづな at 01:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 考察